今さら聞けない「コロナ」「コビッド」の意味って何?新型コロナウイルスの名前の由来

はじめに

 

2019年の12月頃に中国の武漢で見つかって以来

世界中の人々や経済を巻き込んだ大騒動となっている

「新型コロナウイルス」。

 

最近では、その長い名称も

「コロナ」「コビッド」などというように

簡略化された呼び名が日常的に使われるようになり

私たちの日常生活の中で

当たり前のように口にするワードとなりました。

 

この記事では、

そんな新型コロナウイルスの

名前の由来について紹介しています。

 

(※注:医療の専門家による解説記事ではありません)

 

スポンサーリンク

 

 

新型コロナウイルスの正式名

 

私たちが近年、毎日のようにその名を聞く

「新型コロナウイルス」。

 

国際的な正式名称を

「Coronavirus disease 2019」

と表記され、英語で発音をすると

「コロナヴァイラス・ディズィーズ・トゥウェンティーン・ナインティ―ン」

と言います。

 

日本語では「ウイルス」と言いますが

英語では「virus」と書いて

「ヴァイラス」と読むんですね。

 

このままでは名前が長すぎるので、

通称で「COVID-19」

「コウビッド・ナインティ―ン」

と呼ばれています。

 

 

日本の有識者や専門家は

「新型コロナウイルス」ではなく、この

「コウビッド」「コビッド」の方を

好んで使う方が多い印象があります。

これは一重に、

「コロナ」「コロナウイルス」

という呼び名が

誤解を生む可能性があるため、

新型コロナウイルス=COVID-19

であることを明確にしたいからなのだと思います。

 

「コロナ」の意味

 

そもそも、私たちが言う

「新型コロナウイルス」「コロナウイルス」

という名前にはどんな意味があるのでしょうか?

 

まず初めに、

「コロナウイルス」と呼ばれるウイルスには

実はいくつも種類があります。

 

人に感染するものとして有名なのは

数年前に世間を賑わせた

SARS(サーズ)やMERS(マーズ)などでしょう。

 

先に書いた通り

専門家があえて「コビッド」という言葉を使うのは

「新型コロナウイルス」という名前が

SARSやMERSなど

他のコロナウイルスと区別するためと

思われます。

 

 

「コロナウイルス」の特徴は

突起のようなものがウイルスの周囲を覆っている事。

 

引用元:Photo by CDC on Unsplash

 

この突起のような部分は

タンパク質で構成されていて、

その形状が「王冠」に似ている事から

「王冠」のラテン語である「corona(コロナ)」

という名前が付けられました。

 

引用元:Photo by wildan alfani on Unsplash

 

そしてこれが

この特徴的な形をしたウイルスの

名前の由来となっています。

 

スポンサーリンク

 

 

まとめ

 

今までなんとなく知っていた気になっていた

「コロナウイルス」でしたが、

名前の意味や由来については

あまり知らなかったという方も

いるのではないでしょうか。

 

参考になれば幸いです。

最後までお読みいただき

ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました