カニエ・ウェスト(歌手)が大統領に?!発言理由や経歴からその可能性を徹底分析!

人物
引用元:barks.jp

 

はじめに

 

「アメリカ大統領に立候補する」

 

という驚きの発言から世間を賑わせているカニエ・ウェスト(Kanye West)。

黒人の歌手という事くらいしか知らない彼について気になったので調べてみました。

 

カニエ・ウェストの本名と略歴について

 

カニエ・ウェストの本名は Kanye Omari West(カニエ・オマリ・ウェスト)。

ミドルネームである Omari とは黒人の子供によく付けられる名前で

「最も高い所におわす神」という意味があるそうです。

 

1977年6月8日、アメリカのジョージア州アトランタ生まれ。

父親はアトランタ・ジャーナル・ニューズペーパーの新聞報道カメラマン、

母親は大学などで英語を教える教師だったそうです。

両親の離婚後は英語教師である母親について行き、10歳の時には

中国・南京に住んでいた経験もあるそうですよ!

 

シカゴの高校を卒業後、Chicago’s American Academy of Artという美大に

奨学金を得て通いながら、在学中に歌手である Jay-Z の音楽プロデューサーとして

見出され、そこからヒット曲を連発して多忙のため大学を中退するという

サクセス・ストーリーの持ち主です。

 

音楽プロデューサーとして才能を開花させただけでなく

シンガーソングライターとしても活躍し、

現在はアパレルブランドYEEZY(読み方:イージー)を展開している

多才ぶりでも有名です。

カニエ・ウェストと妻のキム・カーダシアンの関係

 

カニエ・ウェストの妻はキム・カーダシアン

(本名:Kimberly Noel Kardashian West)。

 

言わずと知れたリアリティ番組で有名になった

お金持ちのお嬢様です。

 

引用元:Stefanie Keenan/Getty Images

 

その派手な風貌と言動から、父親は実業家や投資家かと

思っていたのですが、実は「弁護士」さんだそうです。

 

弁護士の父親で大富豪?かなりのやり手なのかしら。

 

うーん、キムの素性も気になるところ・・・

 

 

キム曰く、カニエとキムが出会ったのはおよそ2002年頃。

 

初めは友人として親しくなり、その後キムが2度目の結婚を経て

当時の夫と離婚に向けて調整をしている最中にカニエとの交際がスタート。

2014年のキムの離婚成立後に2人は晴れて結婚しました。

 

・・・と実は、結婚前の2013年、実はキムとカニエの間には

第一子となる女の子が生まれているので、子供が生まれてから結婚、

という流れになっています。

 

長年の友人から交際に発展した2人だからなのか?キムとカニエの絆は固く、

何かとお騒がせ発言の多いお互いですが、世間からのバッシングに合う度に

ツイッターなどを通じてお互いをフォローし合う姿がよく見かけられます。

 

キムはカニエとの交際が始まった当初について、

「周りからは(カニエの)キャリアに傷が付くから私との交際は辞めた方がいいと言われたけど「彼女を愛してるんだ、だから気にしない」と言って彼はそれを聞かなかった。」

引用元:https://rollingout.com/2019/10/08/kanye-west-was-advised-that-dating-kim-kardashians-would-sink-his-career/から一部抜粋し翻訳

と語っています。

 

そんなカニエの事をキムはとても大切にしているようで、

事あるごとに問題発言を繰り返すカニエに対しても、

いつも肯定的にとらえ誤解を解くような発言を多くしています。

 

スポンサーリンク

カニエ・ウェストの交友関係がすごい!

 

カニエ・ウェストのアメリカ大統領選出馬をほのめかすツイッター投稿記事が

話題になり、それにすぐ反応を示したのがあの「イーロン・マスク」

 

イーロン・マスクは電気自動車会社「テスラ」のCEOであり、

今話題の民営宇宙開発企業「スペースX」のCEOでもある今大注目の若手実業家。

 

そんな彼が「アメリカ大統領になる!」と宣言したカニエのツイートに対し

「全面的に協力する」というサポートを表明した事で、

「え!この2人って仲良かったの?」と意外に思った人も多いはず。

 

イーロンはカニエの事を

「あいつはうわべだけニコニコして近付いてくるような人間は信じない。(中略)成し遂げたい事のためなら批判も嘲笑も恐れない、そういうヤツだよ」

引用元:https://www.cheatsheet.com/entertainment/how-long-have-kanye-west-and-elon-musk-been-friends.html/ から一部抜粋し翻訳

と言ってカニエの人間性を高く評価しています。

 

イーロンからプレゼントされたテスラの新車をカニエも気に入り

ツイッターでイーロンに対し感謝のコメントを残しています。

 

 

そして、カニエ・ウェストと言えばそのカリスマ性を見出してくれた

親友であり音楽仲間である Jay-Z(読み方:ジェイ・ズィー)との関係は

切っても切り離せないでしょう。

 

Jay-Zと言えばあのアメリカの超・有名女性歌手、ビヨンセの夫です。

しかしこれが「あの事件」のきっかけになるとは・・・

 

カニエ・ウェストとテイラー・スウィフトの不仲説について

 

ことの発端は2009年のMTVミュージックアワードの授賞式。

 

『最優秀女性アーティストビデオ賞』発表の際、受賞したテイラー・スウィフト(Taylor Swift)がトロフィーを手に笑顔で受賞スピーチを行った直前、

悲劇が起こります。

 

同じくMTVミュージックアワードの他部門にノミネートされ参席していた

カニエ・ウェストが突然ステージに上がり、テイラーのマイクを奪います。

 

引用元:Christopher Polk/Getty Images

 

戸惑いながらもカニエのサプライズに嬉しそうなテイラーでしたが、

カニエが口にしたのはあまりにショックな台詞でした。

 

「(テイラーに対し)君が賞を取ったことを嬉しく思うよ。

だけどビヨンセのビデオは最高だった!彼女のビデオが一番だったんだ!」

 

急に引き合いに出されてビックリ&嬉しいビヨンセ、そして・・・?

 

 

なんとカニエはそれだけ言って

ステージを降りたのです!!

 

スポンサーリンク

 

 

てっきりその後テイラーとビヨンセ両方の作品の素晴らしさを語って

聴衆を沸かせるかと思いきや、なんとビヨンセだけを絶賛して

その場を立ち去ったのです。

 

これにはテイラーも最初何が起こっているのか分からずに

「ポカン・・・」としていたのですが、段々と自分が侮辱されたことが

分かって来て、残されたステージの上でオロオロとし出します。

 

テイラーの悲劇的な状況に真っ先に反応したのは

一緒に参席していたテイラー・スウィフトの母親。

 

カニエの元に詰め寄り「なんてことを・・・!」と

怒りを露わにしたそうです(当然ですよね)。

 

引き合いに出されたビヨンセも衝撃を受けて泣いていたと言います。

 

 

カニエは

「ビヨンセではなくテイラーが受賞したのは黒人に対する差別だ」

と批判し、なぜあのような行動に至ったのかをのちに説明しています。

 

この事件はかなりの衝撃を持って世間に知られ

「カニエは何て酷い奴なんだ」と世界中からバッシングを受けることになります。

 

特に前アメリカ大統領のバラク・オバマも「カニエは間抜けだ」

ツイートして痛烈にカニエの行動を非難しました。

(※修正:ツイートしたのは当時ホワイトハウスにいた記者でした。オバマの発言をその場で聞き勝手にツイッターに投稿したようです)

 

黒人の立場を守りたかったのに黒人社会から猛反発を受けることになったカニエ。

 

ここだけ見るとカニエ・ウェストって頭が悪いの?と思いがちですが、

単純にそうでもないようなのです。

 

テイラー・スウィフトとの事件後

 

カニエはテイラー・スウィフトとのこの事件後、テイラーと公私に渡って

バトルを繰り広げることになります。

 

世間からのバッシングもありカニエは一度は電話でテイラーに謝罪をし、

インタビュー記事などでもテイラーに対する謝罪のコメントをします。

2人の仲は2015年頃には「和解した」とされ、一緒に食事をするシーンなどが

目撃されるようになりました。

 

ところが!

こともあろうに2016年にカニエが出した新曲「Famous」(意味は「有名」)

の歌詞の中でカニエはテイラーの事をディスり、汚い言葉で

「俺があの女を有名にしてやったのになんでこんな非難されなきゃいけない訳?」

という内容のラップを披露し、またもテイラーのハートを

傷付けるというとんでもないことをしてしまいます。

 

テイラー・スウィフトはこのことに対し

「若い女性たちに知ってもらいたい、世の中には自分の成功や名声を利用しようとする奴らがいるってこと。そんな人間のために道を誤ってはだめよ」

引用元:https://www.biography.com/news/kanye-west-taylor-swift-feud-timelineから一部抜粋し翻訳

と大人な反応を見せています。

 

が、内心は「怒り心頭」なのは想像に難くないですね・・・(汗)

 

行動や言動から見るカニエの性格

 

カニエ・ウェストという人物について、問題発言が多かったり、

妻のキム・カーダシアンも何かとお騒がせな発言や行動が目立ったりと、

あまり良い印象を持っていなかったのですが、今回彼や彼の周りの人々について

調べていく中で「ある特徴」が掴めてきました。

 

それは、カニエ・ウェストという人物はどうやら

  • 情熱的で直情的
  • 友情に熱い
  • 正義感が強い
  • ビジネスセンスに長けている
  • 人の心理をよく理解している
  • 計算高い

という性格の持ち主なのではないかという点です。

 

 

カニエはテイラー・スウィフトとの事件時、たぶんあまり深くは考えずに

行動を起こしたように見えます。

親友の妻であり黒人を代表する女性歌手であるビヨンセが大きな賞を

受賞できなかった瞬間「納得できない!」と憤りすぐさま行動に移した。

 

これは友情に熱く正義感が強いことを意味しているのではないかと思います。

 

しかし普通ならば、この行動によって当然ビヨンセやテイラーが

どんな気持ちになるのか想像できるのですが、彼は「これは差別だ!」

「ダチが侮辱されている!」とついカッとなり、周りが見えなくなって

しまったのではないかと予測されます。

 

現にあの場で擁護(?)したはずのビヨンセはショックで泣いてしまうし、

親友だったJay-Zからも距離を置かれてしまうしでカニエの行動は

全く意味がない所か最悪の結末を迎えてしまいました。

 

スポンサーリンク

 

ところが、その後の新曲でテイラーをディスる件。

こちらに関してはどうも「計算された話題作り」のような匂いが

プンプンします・・・

 

テイラーとのいざこざで話題になり連日テレビやネットで騒がれる事で、

カニエなりに「炎上商法」という物を深く理解したのではないかと思えるのです。

 

これは妻であるキム・カーダシアンも得意とするビジネスのやり方のようですね。

どうすると人が反応するのか、注目されるのかを熟知しているからこそ

できる言動や行動だなという印象を受けます。

 

そうでなければせっかく一度は謝罪までして和解した間柄を

わざわざぶち壊しに行く必要なんてないですよね。

 

むしろカニエにとっては炎上商法自体は

「芸能人として非常にオイシイ状況」と思っている節がありますね。

 

先の「Famous」という曲もそうですが、テイラー・スウィフトに対しても

「むしろお互いに話題になったんだからいいじゃん」くらいに思っている

雰囲気があります。それがテイラーを始め多くの人々から反感を買った

理由なのですが、カニエ・ウェストという人物が

「ビジネスのためには多少乱暴な話題作りがあっても止む無し」という考え

のもと行動していると考えると、中々に現実的で計算高い「策士」

であるように見えます。

 

カッとなりやすい性格でありながら、内に熱いモノを秘めている、

そして人間心理をよく理解し、時に計算高く行動することも出来る。

 

それ故にヒット曲を連発し、自身のアパレルブランドの商品を上手くPR、

そして定期的に世間を賑わせる「話題」を提供して認知度を高く保つ。

 

カニエ・ウェストとはそういう人物なのではないでしょうか。

アメリカ大統領になる可能性は?

 

先の予測で行くと、カニエ・ウェストが実際にアメリカ大統領に

なりたいと思っているかについては疑問を持ちます。

 

彼としては話題になる事の方が大事で、本当に黒人の立場になって

世の中を良くしようとか、「打倒トランプ!」なんて事を考えているとは

考えにくいです(むしろトランプとは仲良しなようなので、

トランプ支持者を増やす狙いかも・・・?)。

 

しかしながら、ドナルド・トランプ現アメリカ大統領についても、

立候補当初は「ただの賑わせでしょう?(笑)」と多くの人々が本気にしなかった中、

あれよあれよというまに本当に大統領になってしまったという経緯があります。

 

その為、人間心理をよく理解したカニエなら、

「もしかして・・・」もあり得るのかもしれません。

 

カニエ・ウェストの今後の言動や行動から目が離せませんね!!

 

 

<あわせて読みたい記事>

カニエ・ウェストと仲の悪い有名人5組~アメリカ大統領選への影響は?~
はじめに 2020年7月5日のアメリカ独立記念日に「アメリカ大統領選出馬」を表明した歌手のカニエ・ウェスト。 そんな彼の行動を受けて『対抗馬』としてネットを賑わせているのがテイラー・スウィフトです。 ...

 

タイトルとURLをコピーしました